読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄で土地を買う!遥か彼方の移住にむけて

40歳目前オトコの、沖縄好きが高じて、土地を購入し家を建てる日々をつづります。現在独身もうすぐ結婚?これから待ち受ける、波乱があるのかないのかわかりませんが、土地探しから建築までの詳細をお届けします。遥か彼方、移住できるその日まで!

キャンセル物件をキャンセルする?!

家造り
⇩⇩⇩⇩⇩ ポチッと押して、応援して頂けるとうれしいです!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ついに理想に近いマンションを大阪の本町駅近くで発見しました。 

nisshi-a311.hateblo.jp 

駐車場の問題はあるものの、徒歩5分圏内に空車がある月極駐車場が複数あるので何とかなるでしょう。
というか、予想倍率3倍の抽選なのですが当てる気満々です!笑
それよりも、この物件の間取りや雰囲気がとても気に入ったので、車のことはあまり気にしていません。
もし、抽選に外れてしまったら電車中心の生活にシフトしてもいいかもしれません。
いや、アカン。
外れたことを想定するのは縁起が良くない。
絶対、当てる!!
 
根拠のない自信を全身に纏っているアホな私は、沖縄の土地を購入するまでにかなりの時間をかけてしまいました。(まー、アホだから仕方ないね✨)
そんな私が言うのも何なんですが、彼女は私以上に慎重です、超慎重です。
というか、決定力は皆無といっても過言ではないでしょう。
その彼女が、まさかの購入希望!
これには私も相当驚きました。
「ホンマに欲しいん?」って何回も聞いてしまいました。
しつこく聞くと、「にっちぃも気に入ってるんでしょ?」って答えるので、「俺は関係ない。自分自身の気持ちや!どっち?欲しいの??」言うと、まさかの「うー、うん。」
これって悩んでいるように聞こえると思いますが、今まで別のことでここまで明確に答えたことはなかったので、私からすれば、普通の人が「超欲しいー!!」って言ってるくらいの感覚です。(えっ、そんな普通の人いない?笑)
だから、そこまで気に入ったのなら、手続きしましょうということになったんです。
そして、申込書を書いて、スキップしながら2人で帰りました。(事実、申込書は彼女が張り切って書いてくれましたよ♪)
でも、その時の私は、この先にまだ何が起きるのか知る由もないのでした。。
 
続く…
 
って、いや終わらんよー。
 
では、続き
 
翌日の夜、彼女から連絡が入ってきます。
「ゴメン。やっぱりあれ申し訳ないけどやめよう。」
えっ、あれって何?って聞かなくても当然分かります。
「理由は会ってから説明するけど、やめていい?」
彼女がやめようと言ってるのに、そこをゴリ押しするつもりはありません。
したいけど😅笑
という訳で、キャンセル!!!(やっぱり続くのね。。)
宜しければ、読者登録お願いします!⇨ ⇨ ⇨ ⇨