読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄で土地を買う!遥か彼方の移住にむけて

40歳目前オトコの、沖縄好きが高じて、土地を購入し家を建てる日々をつづります。現在独身もうすぐ結婚?これから待ち受ける、波乱があるのかないのかわかりませんが、土地探しから建築までの詳細をお届けします。遥か彼方、移住できるその日まで!

カルテル、トレーラー、コンテナ。とりあえず、調べよう!

家造り 沖縄
⇩⇩⇩⇩⇩ ポチッと押して、応援して頂けるとうれしいです!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

家造りはゆっくり考えることにした私。

一級建築士の友人N君がいるので、工務店が数社見つかれば、相見積りをして安いところにお願いしようかなと思っていました。
ですから、不動産屋さんに工務店を紹介してもらっても、大きな問題がある訳ではないかなぁと考えました。
事前に不動産屋さんに話をし、了承して頂いたうえで、紹介してもらおうと思ったのです。
 
不動産屋さんにその旨を伝えると、石垣島では相見積りはしてくれないというのです。
えっ。
意味わからんし。(これ、何回目かなぁ。。)
詳しく聞きますと、そこまで価格競争をする市場原理が働かないとのこと。
「この前はウチが仕事もらったから、次は譲るよ。」みたいな、島独特の談合が普通にまかり通っているらしいのです。
 
公正取引委員会に訴えるぞー!!
といっても、たぶん何の意味もないどころか、誰も仕事を受けてくれない可能性まであるという危機。
さすが、石垣島!
こういう田舎な(?)ところも含めて、石垣島ですからねぇ♪
 
そうなると、工務店にお願いするにしても基礎工事とかだけをお願いして、本土からトレーラーハウスとかコンテナとかを送る方法もありかもしれません。
それだと、費用も抑えられますからね。
建築で普通に家を建てる方法以外は、以前と違い興味が薄れていたのですが、基礎工事だけだと、ぼったくられても少し費用が掛かってもしれてますからね。
 
よし、まずはトレーラーハウスを詳しく調べよう!!
f:id:NISSHI_A311:20160421175334j:image
 (今日は雨ですねー。この高さ8mの巨大シーサーは、昨年の夏に沖縄本島の残波岬で撮影したもの。はい、大雨でしたよ。。やっぱり)
宜しければ、読者登録お願いします!⇨ ⇨ ⇨ ⇨