読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄で土地を買う!遥か彼方の移住にむけて

40歳目前オトコの、沖縄好きが高じて、土地を購入し家を建てる日々をつづります。現在独身もうすぐ結婚?これから待ち受ける、波乱があるのかないのかわかりませんが、土地探しから建築までの詳細をお届けします。遥か彼方、移住できるその日まで!

高飛車な彼女と結婚する条件

⇩⇩⇩⇩⇩ ポチッと押して、応援して頂けるとうれしいです!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

あー、前回のタイトルですが、「高飛車な彼女」の“彼女”は土地のことですよー。

本物の彼女ではありませんので、悪しからず。
 
さて、この高飛車の意味ですが、まずは割高だということです。
そのことは、前回の記事に書かせて頂きました。
でもこの土地、割高ということ以外にも、いくつかの条件がありました。
 
まずは電柱。
これは、景観に配慮して、地中埋め込みの電線を利用し、電柱は立てないということです。
この条件は、私の考えに合いますので、問題ありません。
それに、災害時にも強いということらしく、確かに台風が多い沖縄では、かなり有効ではないかと思いました。
ただし、やはり少し費用が掛かるようです。
普通の電柱設置と比べ、10倍くらいの費用が掛かるとの話もあるそうですが、そもそも幾ら掛かるのか分かりませんので、何とも言えません。
高いのだけはわかりました。
 
次に、建築についてです。
建物の外観を、ある程度統一したいとの希望があり、そこを理解してくれる方に販売しますとのことです。
この希望というのは、一体誰の希望なのかは分かりません(すいません、聞いてません。)が、この条件は、具体的な建物のイラストなどで示されていないので、判断がつきかねます。
その上、出来れば建築会社も指定のところを使って欲しいとのことです。
この出来ればって強制力がありそうな、義務的な、そんな雰囲気が漂っていました。
 
そして、価格については、一切の値引きはしないとのことです。
お話は丁寧でしたが、強気です。
宜しければ、読者登録お願いします!⇨ ⇨ ⇨ ⇨